ドアノブ
2020-10-02

【Airbnbとは】イタリアで共同生活をしてみた

以前、海外でモデル活動をする際の滞在場所をご紹介しました。
こちら出てくるAirbnbというアプリについて!

実際に外国で暮らしをシェアすると、どうだったのか?

もちろん、Airbnbは国内でも使えますよ!!
日本では人のお家に住むというよりも貸切タイプが多いイメージです。

 

こんな人におすすめの記事です

  • マンスリーで借りれるアパートを探したい
  • Airbnbをはじめて使うから生の声を聞きたい
  • ホテルではなく現地の暮らしを体験してみたい

ROOM①

場所:イタリア・ミラノ
ホスト(家主):イタリア人男性と彼女
期間:2ヶ月

お部屋:
2階建のお家の一部屋貸切、専用バスルーム
キッチンやダイニングは共用でした。
家事をするのにストレスはありませんでしたが、ゆっくり料理したい日などはいつ帰ってくるか気になってしまいますね。

個室は広々していて、快適でした。
トイレ・シャワーがプライベートなのは、とても便利でした。

立地:
長閑なエリアで一軒一軒が広々していました。
メトロ最寄駅から徒歩15分少々だったので、荷物がある日や雨の日は少し大変でしたね。
キャスティングの合間に一度帰宅したい時には不便なので、中心地からの距離は近いほうがいいです。

中心地から離れてローカルな街で過ごしたい人には、おすすめです。

交流:
当時ほとんど英語を話せなかったので、歓迎にご馳走になったときは恐ろしいほどグダグダでした。
ホストの男性は、挨拶はイタリア語・会話は英語という風な感じ。

彼のおかげで現地の挨拶を覚えたようなものです。
外国でも日本語の話せる環境には宿泊出来ますが、あえて選ばない方が成長できるかも。

フレンドリーな人たちだったので、2ヶ月間に友人や家族の出入りがありました。
キャスティングから帰ったら、バースデーパーティが開催されていて驚いたことも!!

ちなみに、全て貸切のおうちも借りた事がありますが、圧倒的にノンストレスなのは貸切です。

ポイント


専用バスルームがあるのはとても良かったです。
少し割高になりますが、共同生活でも生活リズムが狂うことはなく過ごせました。

大きなお庭があったので、自然が目に入り、洗濯を干したり外でディナーをしたりする時間も快適でした。
しかし思っていたよりも遠かったので、予約前の地図チェックは必須(後ほどコツを紹介)

ROOM②

場所:イタリア・ミラノ
ホスト(家主):イタリア人女性(60〜70代)
期間:2週間

お部屋:
マンションの5階で、個室・専用トイレと共有スペース。
広々とした玄関から、各部屋に扉があるような感じです。
道路沿いで、市場や古い建物がよく見えるキッチンに、個室からは中庭が見渡せました。
外国の暮らしをさらに充実させる景色ですよ〜★

立地:
最寄駅から徒歩5分少々で、買い出しも不便なし。
頻繁に料理をする人は、マーケットとの距離もあらかじめチェックしてるといいですね。

敷地に何棟も建っていたので、最初はすごく迷いました。
マンションのひと部屋を借りる場合は、事前に細かな情報を聞いておくと安心です。

交流:
イタリア語しか話せないマンマ(家主の女性)に、スペイン語を話す男性、中国から留学している女性がいました。
2人は長い期間居るのか、マンマととても仲良しで、私もすぐに仲良くなれました。
生活リズムがバラバラなのもあり、キッチンやバスルームで渋滞することもなかったです。
まさか同居人がこんなにいるとは、メッセージ上では知りませんでしたが、とても楽しかったので結果オーライです。
もちろん、プライベートな時間も確保されました。

 

ポイント

Airbnbで事前にメッセージのやりとりがありますが、やはり当日に起こることは予想を超えます。
ご高齢のホストだったのものあり、諸々ハプニングが起きましたが、一緒に解決できました。
ただ、冷房がなかったので、真夏にいくには少し不安ですね。

駅近だったので、荷物を置きに帰ったりと常に身軽に動けましたよ★

良し悪しは自分次第

あまりに過酷でないかぎりは、多少の思い違いはあって当然だと思います。
ホストとの事前のメッセージは、少し多いくらいしていてもいいかな。

・これは使える?
・これはある?
・チェックインは○時にできる?
・建物の特徴はある?

など、記載していること以外に気になることはどんどん聞きましょう。

より細かな場所を事前に知るコツ

地図の見方ですが・・・
まず、予約確定するまでは住所は非公開で、大まかなエリアしかわかりません

そうすると、思った以上に駅から遠い・不便など、ROOM①で紹介したようなことが起きます。

Airbnbでお部屋の紹介画面にある地図を開く。(白黒の家のマークがあります)
この時点では最寄の駅やスーパーの名前は表示されません。
→表示されている地形・道路名・川の名前・公共施設などをヒントにGoogle mapで同じエリアを拡大する。

これだけで、だいたいお家の周りがどんな感じなのか、駅からの経路などがわかります。
2度目からこの方法で、ほとんど迷うことなくチェックイン出来ているのと、予想通りの立地に泊まる事ができます。
予約したけど住所を知った途端に不便に感じた!という経験がある方は、ぜひ参考になれば嬉しいです(^^)

さいごに

貸切部屋やホテルでの生活は間違いなく快適なのですが、こうして異文化同士の生活は本当に楽しいです。

海外で使う前にAirbnbがどんなものか知りたい!という方は日本で試してみてください!
また、何か不安なことなどあればわかる範囲でお答えします。
お気軽に聞いてくださいね!

※本記事はあくまで口コミとしてお受け取りください。
トラブルのないよう、ご自身でしっかりお調べしたうえで楽しんでください♪

関連記事

コメント1件

  • […] 【Airbnbとは】イタリアで共同生活をしてみた […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。