電話
2020-09-08

【海外ではLINEの代わりに】WhatsAppをダウンロードせよ

Up date 2022.03.07

日本での連絡用アプリといえばLINEですよね。
ですが、海外では主流でないどころか、LINEというアプリもほぼ通じません。
※経験した国はヨーロッパ、東南アジアです。

海外でLINEが使えないわけでありませんし、友人同士で旅行するのであればLINEで十分ですよ!
今回は現地に数ヶ月以上滞在をされる方へ向けて発信します♪

一人で行くし、LINEしか通話アプリ持ってない!
そういった方へ届くと嬉しいです!

海外でめちゃくちゃ使うアプリWhatsApp

現地の方々と交流するにあたって、連絡先の交換は必ずしますよね。
電話番号・メールアドレスでも良いのですが、カジュアルに交換する際に聞かれるのがWhatsAppアカウント。

メッセージ・通話はもちろん、ボイスメッセージ・ビデオ通話などが無料でできるアプリです。
国によるかとは思いますが、ボイスメッセージが多い多い。(笑)
連絡を取りながらリスニング・スピーキングも鍛えられました。

アプリの登録には電話番号が必要です。
もし渡航前にダウンロードするのであれば日本の番号でOKです。

渡航先でSIMカードを入れ替えると、電話番号を変更しますか?と通知されますが、特に変更せずに使用できます。

但し、所属事務所などの携帯番号で電話する可能性がある相手には、WhatsAppと別に必ず現地の携帯番号を伝えましょう!

既読・未読の見分け方

自分のメッセージ:右側
相手のメッセージ:左側
LINEでは「既読」と表示されると、相手がメッセージを見たという認識ですよね。

WhatsAppでは、自分のメッセージについているチェックで見分けます。
※この記事ではチェックマークを「*」と表記します!


・送受信が完了すると灰色で「**」と付きます。
・送信はしたけれど相手が受信できていない場合は灰色で「*」となります。
・「**」が青色に変わると既読となります。

電話をする女性

控えめに言ってほとんどがWhatsAppです。

私の場合は初めの渡航前に、海外の話を沢山してくれた方が「WhatsAppは持ってな!」と言ってくださったのがキッカケでした。
英語もほとんど分からないままだったので、現地で聞かれたらよく分からず焦ったと思います(^^;)

今後、一人で渡航されるのであれば、ダウンロードしておいてください♪
必ず役に立ってくれますよ~!

▼ダウンロード
WhatApp

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。