きりん
2020-10-18

【子供も大人も】運動嫌いさんに知ってほしい3つのポイント

Up date 2022.03.07

帰宅部であることで、遊ぶ 今でこそ“超運動してる人”と言われる私ですが、元は超運動嫌いでした。
細かくいうとスポーツのセンスは潜在的にありません。
ところが、今はジム・自宅・出先どこでも体を動かすようになりました。
運動したいとは思っているけど…」という方に、ぜひ試して・感じてほしいポイントを挙げます。


筆者運動データ

  • スポーツ経歴なし
  • 体育の評価は2/5
  • 2kmの持久走は仮病
  • 25m泳げたのは夏休みの補講
  • 主に体を動かすのは登下校とアルバイト

運動するメリットをまとめた記事はこちら

https://rihoshibuya.com/?p=1357

運動前の食事改善

運動中、おなかが痛かったり、体が重く感じるのは食事が関係しているのかもしれません。
「今から汗をかくぞ!」とはりきって食べ過ぎは禁物です。
油物や、ラーメン・ハンバーガーなどの重すぎるものは胃の負担になります。
食後すぐに動くことも胃の負担になるため、1~2時間前には済ませると良いです。
また、過度な空腹は運動効果を落とすだけでなく、貧血を起こしたりと危険なので小腹は満たしましょう!

炭水化物はエネルギー源となり、脂肪燃焼のお手伝いをします。
おにぎりや、蕎麦、うどんなど、脂質<糖質の食事がおすすめです。
運動前まで食べる時間が取れなかった!」という場合は、
バナナやりんご・プロテインバー、直前ならゼリー状の物など。

どのタイミングで何を食べるのかで、運動中の辛さや気分の悪さを抑える事ができます!

これで、運動中の苦しさとはおさらばですね!

明るい時間に行う

さて、運動をはじめるかと思ったら、夜になっていませんか?
夜にセンチメンタルになってしまう方が多いように、運動が好きでないのであれば
暗い時間に、重い腰をあげるのは一苦労です。


おすすめは、朝~夕方の日の日の高い時間に行うこと。
ウォーキングしたり、スタジオやジムから外の景色を楽しむのもいいですね。


春や秋は、特に外の運動が気持ちいいですね!
明るい空間で体を動かすと、ポジティブな気持ちになれるはずです。

そして、気持ちよく汗をかけたらシャワーを浴びて、外の風を浴びてください。
(私はこの瞬間が大好きなんです〜!)


苦手な理由には「しんどい・めんどうくさい」といった感情が、少なからずありますよね。
なので、わぁ!気持ちいい!って幸福感を感じてみてほしいんです。
運動後にポジティブな気持ちが待っていると思えれば、きっと楽しく続けられます(^^)

多彩な色が自然と目に入る日中は、前向きな気持ちになれるので、本当におすすめです。

最初は目的より快楽を優先に

まず経験談なのですが、運動がすこぶる嫌い(けど体力はある方)でした。
ダイエットを機に、ホットヨガを始めてから、「汗をかくって気持ちいいな」と思い始めました。
その後に食べるサラダやナッツがとても美味しくて、これが本当の味か〜なんて。

そもそもの目的は、瘦せるため。より良い体を作るため。
ジムへ切り替えてからも、使命感しかありませんでした。
ですが、ジムでは地味な腹筋運動も、ボクササイズなどの強度の高い運動も、なぜか楽しい。
特にリズム感が良いわけでも、運動神経が実は良かった訳でもありません。
自分の好きなペースや動きがわかってくると、使命感がなくなってくるんです。

「この時間が楽しい!」となれば、もうそれは運動嫌いを克服してます。
一時期はマシーンにはまり、また一時期は無心で数キロ走り続ける、など。
いろいろなブームを繰り返し、できなかったことができるようになる快感。

特におすすめなのは、大きな鏡や録画で運動中の自分を見る事。
ちょっとかっこいいウェアとか着ちゃってみてください。
大丈夫です、案外周りの人はあなたのことを気にしていません。


何が言いたいかというと、フォームのチェックは当然のこと、少し自惚れて欲しいのです。

いくらでもクオリティの高い人達がいますが、自分のペースでいいんです。
運動しなきゃ、痩せなきゃ、ジム契約したから行かなきゃ!!
と考え続けると使命感が強くて、本当に運動を好きになれているのかは微妙なところですね。

どうせ続けるのなら、好きなことを続けたいですよね。

何をしたらいいかわからないとなると逆にストレスなので、最初は教わってみてはいかがでしょうか。


ちょっとマニアックな記事になってしまいましたが、それくらい運動が好きになって良かったと心から思います。

今は動画配信などで簡単にエクササイズにチャレンジできるので、ぜひ試してみてくださいね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。